【損益分岐点】三井住友プラチナプリファードとゴールドNLを比較【スペック】

プラチナプリファードかゴールドNL、どちらを選ぶべきか解説

プラチナプリファードを申し込もうかな。
年会費の元が取れるか不安だな…。ゴールド(NL)と比較してどっちがオススメ?

プラチナプリファードのメリットは、なんと言っても積立投資での5%還元でしょう。

5%は驚異的とも言える数字です。

新NISAもスタートし、気になっている方も多いでしょう。

プラチナプリファードは、SBI証券で積立をする全ての人にとって、検討の余地があるカードです。

でも、いくら還元率が高いといっても、年会費が33,000円もするので、自分に元が取れるか悩みますよね?

下位カードのゴールド(NL)で十分では、と思うかもしれません。

そこでこの記事では、プラチナプリファードとゴールド(NL)のスペックを比較し、損益分岐点を算出します。

どちらのカードを選べばいいのか、この記事を読めばわかりますよ。

あなたのカード選びの参考になったら嬉しいです。

かづき

記事の最後に、入会キャンペーンの情報も載せています。

当サイト専用リンクから申し込むことで「紹介特典」が適用され、公式サイトよりも10,000円分お得にカードを発行できますよ。

この記事を読むと…
  • プラチナプリファードとゴールド(NL)の違いがわかる
  • プラチナプリファードの損益分岐点がわかる
この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 合計25万ポイント以上獲得
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

プラチナプリファードとゴールド(NL)の比較

はじめに、三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)のスペックを、比較表にまとめます。

スクロールできます
三井住友カード プラチナプリファード
プラチナプリファード

ゴールド(NL)
年会費33,000円
(家族カードは無料)
5,500円
(無料化可能、家族カードは無料)
通常還元率1.0%0.5%
SBI証券の
積立投資還元率
5.0%1.0%
特約店還元最大10%還元最大7%還元
ポイント
有効期限
4年間3年間
継続特典あり
(年間100万円利用
ごとに10,000P)
あり
(年間100万円以上の
利用で10,000P)
入会特典最大68,000円相当最大11,000円相当
ショッピング保険あり
(年500万円まで補償)
あり
(年300万円まで補償)
空港ラウンジあり
(同伴者1名まで
無料で利用可)
あり
海外旅行
傷害保険
あり
(最高5,000万円)
あり
(最高2,000万円)
国内旅行
傷害保険
あり
(最高5,000万円)
あり
(最高2,000万円)
利用可能枠〜500万円〜200万円
国際ブランドVisaVisa / Mastercard

全体的にプラチナプリファードの優秀さが目立ちますね。

プラチナプリファードが特に優れているのは、「SBI証券の積立投資還元率」「特約店還元」「継続特典」「入会特典」あたりでしょうか。

やはり積立投資の5%還元が驚異的です。

かづき

SBI証券の積立投資をしている人にとっては、確実に検討の余地がありますね。

特約店についてはゴールド(NL)同様、コンビニ・飲食店で7%還元になります。

さらに「プリファードストア」という、プラチナプリファード専用の特約店も用意されています。

かづき

プリファードストアはExpedia、Hotels.comといった旅行系サービスの還元率が特に高いです。

プリファードストア(一部)
出典:三井住友カード公式サイト

継続特典については、ゴールド(NL)は年間100万円利用で10,000ポイントですが、プラチナプリファードはさらに100万円利用するごとに10,000ポイントが加算されます(最大で40,000ポイントまで)

年間利用額もらえるポイント
プラチナプリファードゴールド(NL)
100万円10,000P10,000P
200万円20,000P10,000P
300万円30,000P10,000P
400万円40,000P10,000P
かづき

プラチナプリファードは年間利用額が多い人向けと言えますね。

入会特典を比較しても、プラチナプリファードの方が豪華です。

カードを支払いに使うという条件付きではありますが、最大68,000円相当も貰えます。

以上の比較から、プラチナプリファードが優れたカードであることは分かりますが、問題は33,000円という年会費の高さですよね。

プラチナプリファードはゴールド(NL)のように、100万円修行をして2年目以降の年会費を無料にする、といったことはできません。

初年度は入会特典でカバーできるとして、2年目以降はいくら決済すれば年会費の元を取れるのでしょうか?

かづき

次項で損益分岐点を計算して明らかにしていきます。

プラチナプリファードの損益分岐点

毎月のSBI証券への積立額ごとに、プラチナプリファードとゴールド(NL)の還元率を比較し、損益分岐点を割り出します。

計算式は次の通りです。

プラチナプリファードの損益分岐点の計算式

2年目以降を想定しているため、ゴールド(NL)の年会費は0円で計算しています(100万円修行を達成し、年会費が無料になったと仮定)

また「特約店の利用」は考慮していません。

この式を元に、以下の積立額ごとに還元率を計算し、それぞれ損益分岐点を導きます。

特約店の利用を考慮していないため、特約店の利用が多い人ほど、実際の損益分岐点は低くなります。

毎月5万円(年間60万円)積立時の損益分岐点

まずは、毎月5万円(年間60万円)SBI証券に積み立てをする場合です。

かづき

毎月の積立額の上限は5万円なので、満額積み立てた場合となります。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が180万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月5万円(年間60万円)積立時の損益分岐点は180万円と言えます。

毎月5万円(年間60万円)積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

三井住友カードは現在、入会キャンペーンを実施中です。

今ならプラチナプリファードは68,000円相当、ゴールド(NL)は11,000円相当もらえます(どちらも当サイトからの紹介特典を含みます)。

\ 当サイト専用の紹介リンク付き /

毎月4万円(年間48万円)積立時の損益分岐点

つづいて、毎月4万円(年間48万円)積み立てる場合です。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が200万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月4万円(年間48万円)積立時の損益分岐点は200万円と言えます。

毎月4万円(年間48万円)積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

毎月3万円(年間36万円)積立時の損益分岐点

つぎは、毎月3万円(年間36万円)積み立てる場合です。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が200万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月3万円(年間36万円)積立時の損益分岐点は200万円と言えます。

毎月3万円(年間36万円)積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

三井住友カードは現在、入会キャンペーンを実施中です。

今ならプラチナプリファードは68,000円相当、ゴールド(NL)は11,000円相当もらえます(どちらも当サイトからの紹介特典を含みます)。

\ 当サイト専用の紹介リンク付き /

毎月2万円(年間24万円)積立時の損益分岐点

つぎは、毎月2万円(年間24万円)積み立てる場合です。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が270万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月2万円(年間24万円)積立時の損益分岐点は270万円と言えます。

毎月2万円(年間24万円)積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

毎月1万円(年間12万円)積立時の損益分岐点

つぎは、毎月1万円(年間12万円)積み立てる場合です。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が300万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月1万円(年間12万円)積立時の損益分岐点は300万円と言えます。

毎月1万円(年間12万円)積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

毎月0円積立時の損益分岐点

最後に、毎月の積立額が0円の場合です。

グラフの通り、積立以外の年間利用額が300万円を超えたところで、プラチナプリファードの還元率がゴールド(NL)を上回ります。

以上から毎月0円積立時の損益分岐点は300万円と言えます。

毎月0円積み立てた場合の損益分岐点のグラフ

損益分岐点まとめ

毎月の積立額ごとに、プラチナプリファードの損益分岐点を比較すると、下表のようになります。

*損益分岐点の年間利用額には、積み立て分は含まれていない点にご注意ください。

先述の通り、特約店の利用は考慮していないため、特約店の利用が多い人ほど、実際の損益分岐点は低くなります。

SBI証券への積立額損益分岐点
5万円 / 月年間利用額180万円〜
4万円 / 月年間利用額200万円
3万円 / 月年間利用額200万円
2万円 / 月年間利用額270万円
1万円 / 月年間利用額300万円
0円 / 月年間利用額300万円

今なら新規入会で最大68,000円相当もらえます

今回は三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)について、スペックの比較や損益分岐点を整理しました。

どちらのカードがいいか決まりましたか?

現在、三井住友カードでは新規入会した方を対象に、キャンペーンを実施中です。

各カードで獲得できる最大ポイントは次の通りです。

発行カード最大獲得ポイント
三井住友カード プラチナプリファード68,000ポイント
三井住友カードゴールド(NL)11,000ポイント
三井住友カード(NL)8,000ポイント

上記獲得ポイントは、後述のとおり2つのキャンペーン紹介特典の合計となっています。

紹介特典は記事下のリンクから申し込むと適用されます。公式サイトからの申し込みには適用されないのでご注意ください。

かづき

公式サイトからよりもお得にカードを発行できますよ。

獲得ポイントの内訳は以下の通りです。

キャンペーン1|新規入会&カード利用で最大18,000円相当プレゼント

発行カード還元されるポイントの上限
三井住友カード プラチナプリファード最大18,000ポイント
三井住友カード ゴールド(NL)最大9,000ポイント
三井住友カード(NL)最大6,000ポイント

キャンペーン期間:2024年1月1日〜2024年4月21日

キャンペーン|入会後のカード利用で最大40,000ポイントプレゼント

発行カードもらえるポイント
三井住友カード プラチナプリファード40,000ポイント
三井住友カード ゴールド(NL)なし
三井住友カード(NL)なし

紹介特典|紹介URL経由での申し込みで最大10,000円相当プレゼント

発行カードもらえるポイント
三井住友カード プラチナプリファード10,000ポイント
三井住友カード ゴールド(NL)2,000ポイント
三井住友カード(NL)2,000ポイント

各キャンペーンの詳細は「【最新版】三井住友カードの新規入会キャンペーンまとめ」をご覧ください。

すべてのポイントを獲得するには、下の「三井住友カードを申し込む」ボタンからお申し込みください(公式サイトから申し込むと紹介特典が加算されないのでご注意ください)。

かづき

公式サイトからの申し込みと比べて、カードの機能・サービスに違いはありません。

また、申し込んだ方の情報が当サイトに伝わることは無いので、ご安心ください。

最後に、以下の場合は紹介特典によるポイント付与対象外となるので、ご注意ください。

紹介特典のポイント付与対象外

1. 紹介用リンクをクリック後、ブラウザを切り替えた場合

2. 過去に紹介特典を利用してカード作成していた場合

3. 特典付与時点で対象カードを解約していた場合

特に注意が必要なのは1です。

紹介リンクをクリック後はブラウザを切り替えず、申し込み完了までお進みください。

リンク先ページでは「キャンペーン1」「キャンペーン2」でもらえるポイント数が記載されています。
「紹介特典」によるポイントもこれに加算されるのでご安心ください。

\ 紹介特典付きリンクはこちら /

コメント

コメントする

タップできる目次