Oliveフレキシブルペイの一般とゴールドの違いは?おすすめはこっち!

Oliveフレキシブルペイの「一般」と「ゴールド」ってどう違うの?

Oliveフレキシブルペイには、「一般」「ゴールド」「プラチナプリファード」の3つのランクが用意されています。

どれを発行するか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は一般ゴールドで迷っている方に向けて、その違いどんな人におすすめかを解説していきます。

かづき

この記事を読めば、自分に合っている方がわかり、最適な選択ができますよ。

この記事を読むと…
  • Oliveフレキシブルペイの一般/ゴールドの違いがわかる
  • 自分がどちらを選ぶべきかわかる
この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

[結論]Oliveフレキシブルペイの一般/ゴールドの違いとおすすめの人

はじめに、Oliveフレキシブルペイの一般/ゴールドの違いと、どんな人におすすめかをお伝えします。


一般がおすすめな人
  • 年間利用額が100万円に届かない人
  • 年会費には1円もかけたくない人
  • 空港ラウンジを利用する予定がない人
  • 自分自身に収入がない人

\ 詳細や開設は公式サイトで /


ゴールドがおすすめな人
  • 年間100万円以上使う見込みのある人
  • 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人
  • ポイント還元率の高いカードを持ちたい人
  • 空港ラウンジを利用する予定のある人

\ 詳細や開設は公式サイトで /

かづき

一般とゴールドの違いはいろいろありますが、個人的には年間100万円以上使うかで判断するのがいいと思います。

ゴールドは100万円以上使うと年会費が無料になったり、ボーナスポイントをもらえたりと、恩恵が大きいためです。
反対に100万円未満だと年会費が発生し、メリットが薄くなってしまいます。

スクロールできます

一般

ゴールド
年会費(税込)本会員無料5,500円
(年間100万円以上の
利用で翌年以降無料)
家族カード無料
ETCカード550円
ポイント還元率クレジットモード0.5%
デビットモード0.5%
ポイント払いモード0.25%
SBI証券でのポイント付与率2024年9月10日積立設定締切分まで0.5%1.0%
2024年10月10日積立設定締切分以降最大0.5%最大1.0%
継続特典なし年間100万円の利用で
毎年10,000ポイント
付帯保険海外旅行
傷害保険
最高2,000万円最高2,000万円
国内旅行
傷害保険
なし最高2,000万円
ショッピング補償なし年間300万円まで
空港ラウンジなしあり
国際ブランドVisa
入会資格日本国内在住
(クレジットモードは満18歳以上(高校生は除く)の方)
日本国内在住の満18歳以上
(クレジットモードは満20歳以上で本人に安定継続収入のある方)
デザインバリエーションプリズムグレー、パステルグリーン、グリーンゴールド、ゴールドグレー
かづき

各項目ごとに詳しく見ていきましょう。

年会費の違い|Oliveフレキシブルペイ ゴールドは無料化が可能


一般

ゴールド
本会員(税込)無料5,500円
(年間100万円以上の
利用で翌年以降無料)
 家族カード(税込)無料
 ETCカード(税込)550円

本会員の年会費に違いがあります。

Oliveフレキシブルペイ 一般は無料ですが、ゴールドは5,500円の年会費がかかります。

ただしゴールドも、一度でも年に100万円以上利用すれば、翌年以降は無料になります。

かづき

ゴールドカードを年会費無料で持ててしまいます。
年に100万円以上使う見込みのある方は、ゴールドを検討してみてはいかがでしょうか。

でも、年に100万円も使うかな…?

かづき

ひと月約83,000円ほどなので、買い物をOliveフレキシブルペイに集約すれば、それほど難しい金額ではないですよ。
実際、多くの人が「100万円修行」に挑戦しています。

筆者が100万円修行で役立った攻略法を、以下の記事にまとめています。

三井住友カード ゴールド(NL)のものですが、Oliveフレキシブルペイの修行にも参考になりますよ。

ポイント還元率の違い|一般もゴールドも同じ


一般

ゴールド
クレジットモード0.5%
デビットモード0.5%
ポイント払いモード0.25%

ポイント還元率については、一般とゴールドで違いはありません

利用する機会の多いクレジットモードとデビットモードはどちらも0.5%です。

クレジットカードの場合、ポイント還元率は0.5%〜1.0%が平均的なので、まずまず優秀と言えるでしょう。

かづき

後述するように、Oliveフレキシブルペイ ゴールドは、年100万円以上の利用で10,000ポイントもらえます。
このポイント分を計算に入れると、100万円利用時のポイント還元率は1.5%と高いものになります。

SBI証券でのポイント付与率の違い|ゴールドが優秀だが条件に注意

スクロールできます
期間カード入会年度条件
一般

ゴールド
2024年9月10日積立設定締切分までなし0.50%1.00%
2024年10月10日積立設定締切分以降初年度なし0.50%1.00%
2年目以降前年100万円以上の利用0.50%1.00%
前年10万円以上の利用0.75%
前年10万円未満の利用0.00%0.00%

2024年9月10日積立設定締切分までは、無条件で一般:0.50%ゴールド:1.00%が付与されます。

しかし、2024年10月10日積立設定締切分以降は、条件によって付与率が変化するので注意が必要です。

前年の利用額が10万円未満だと、付与率が0.00%になってしまいます。

かづき

一般/ゴールドのいずれにしても、年間10万円以上は利用するようにしましょう。

継続特典の違い|Oliveフレキシブルペイ ゴールドは毎年10,000ポイント獲得可能


一般

ゴールド
なし年間100万円の利用で
毎年10,000ポイント

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのみ、年100万円以上利用すると10,000ポイントもらえます。

先ほども書いたとおり、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの通常ポイント還元率は0.5%と決して高くありません。

しかし、継続特典分を計算に入れると、100万円利用時に1.5%と高いものになります。

かづき

年間100万円使う見込みのある方はゴールドを選ぶとお得です。

付帯保険の違い|全体的にOliveフレキシブルペイ ゴールドが優秀

海外旅行傷害保険はゴールドが高め


一般

ゴールド
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円最高2,000万円
傷害治療費用50万円100万円
疾病治療費用50万円100万円
賠償責任2,000万円2,500万円
携行品損害(免責3,000円)15万円20万円
救援者費用100万円150万円

Oliveフレキシブルペイ 一般/ゴールドともに、海外旅行傷害保険が付帯します。

ただし、全体的にゴールドの方が補償額が高めです。

「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の補償額は一般・ゴールドとも低め

注意点としては、海外旅行傷害保険で特に重要とされる「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の補償額がどちらもあまり高くない点が挙げられます。

かづき

海外の診療・入院費は高額で、請求が数百万円にのぼることも珍しくないため、傷害治療費用と疾病治療費用が重要というわけです。

海外によく行く方は、別のカードとの併用も検討してみましょう。

年会費無料のカードではエポスカードの海外旅行傷害保険が優秀です。

補償の条件は「利用付帯」

クレジットカードの旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

自動付帯利用付帯
カードを持っているだけで保険が適用される旅行に関する支払いをカードですることで保険が適用される

Oliveフレキシブルペイ 一般/ゴールド「利用付帯」です。

そのため、旅行代金(ツアー料金や交通費等、移動に関する代金)をカードで支払うことで保険が適用されます

国内旅行傷害保険はゴールドのみ


一般

ゴールド
傷害死亡・後遺障害なし最高2,000万円
入院保険金日額
フランチャイズ7日
なしなし
通院保険金日額
フランチャイズ7日
なしなし

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのみ、国内旅行傷害保険が付帯しています。

かづき

一般的に国内旅行傷害保険はゴールドカード以上に付帯することが多いので、仕方ないのではないかと思います。

ショッピング補償はゴールドのみ


一般

ゴールド
なし年間300万円まで

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのみショッピング補償が付帯します。

ショッピング補償とは、クレジット決済して購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときに補償してくれるサービスです。

購入日から200日間であれば、自己負担額3,000円を支払うだけで補償してもらえます。

かづき

高額な買い物をすることが多い人には、Oliveフレキシブルペイ ゴールドがおすすめです。

空港ラウンジの違い|Oliveフレキシブルペイ ゴールドのみ利用可能


一般

ゴールド
なしあり

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのみ、空港ラウンジを無料で利用できます。

国内・ハワイ約40箇所の空港ラウンジが対象です(下表参照)

かづき

フリードリンクや軽食、アルコール、Wi-Fiやコンセントの利用もできるので、出発前の時間を有効活用できますね。

エリア空港
北海道旭川空港、新千歳空港、函館空港
東北青森空港、仙台国際空港、秋田空港
関東成田国際空港、羽田空港
中部新潟空港、富山空港、小松空港、富士山静岡空港、中部国際空港
近畿関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
中国米子空港、岡山空港、広島空港、出雲縁結び空港、山口宇部空港
四国高知空港、徳島空港、高松空港、松山空港
九州福岡空港、北九州空港、佐賀空港、長崎空港、熊本空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港
沖縄那覇空港
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港

空港ラウンジを実際に利用したときのことを、以下の記事にまとめています。

記事では三井住友カード ゴールド(NL)を利用していますが、使い方はOliveフレキシブルペイ ゴールドでも同じです。

国際ブランドの違い|一般もゴールドもVisaのみ


一般

ゴールド
Visa

選べる国際ブランドは、一般/ゴールドともにVisaのみです。

三井住友カード(NL)はMastercardも選択できるので、ここはOliveフレキシブルペイのデメリットと言えます。

かづき

ただ、国内であればMastercardの加盟店は、そのほとんどがVisaも使えるので困ることはないと思います。
実際に、三井住友カード(NL)所有者を対象に取ったアンケートでも、多くの人がVisaを選んでいました。

入会資格の違い|Oliveフレキシブルペイ ゴールドの方が基準が高め


一般

ゴールド
日本国内在住
(クレジットモードは満18歳以上(高校生は除く)の方)
日本国内在住の満18歳以上
(クレジットモードは満20歳以上で本人に安定継続収入のある方)

クレジットモードを利用する場合、Oliveフレキシブルペイ ゴールドは「満20歳以上で本人に安定継続収入のある方」が対象となります。

「本人に安定継続収入のある方」なので、たとえば主婦の方の発行は難しいでしょう。

かづき

ただし、Oliveフレキシブルペイには家族カードがあるので、収入のある配偶者などにカードを発行してもらい、自分は家族カードを使う、という使い方は可能です。

デザインバリエーションの違い|Oliveフレキシブルペイ 一般の方が選択肢が多い


一般

ゴールド
プリズムグレー、パステルグリーン、グリーンゴールド、ゴールドグレー

Oliveフレキシブルペイ 一般は、

  • プリズムグレー
  • パステルグリーン
  • グリーン

の3種類からデザインを選べます。

かづき

パステルグリーンは珍しい色合いですね。
グリーンは三井住友らしい色だと思います。財布の中で他のカードと区別したい人におすすめです。

一方、Oliveフレキシブルペイ ゴールドは、

  • ゴールド
  • ゴールドグレー

の2種類からデザインを選べます。

かづき

ゴールドカードらしい華やかさを求める人には「ゴールド」が、いかにもゴールドカードという派手さが苦手な人には「ゴールドグレー」がおすすめです。

Oliveフレキシブルペイの一般/ゴールドの違いまとめ

今回はOliveフレキシブルペイの一般とゴールドの違いを解説しました。

各カードがおすすめの人は以下の通りです。

年間100万円以上使うかどうかが、判断する一つの基準となるでしょう。

かづき

違いをよく確認して、自分に合った方を選んでくださいね。


一般がおすすめな人
  • 年間利用額が100万円に届かない人
  • 年会費には1円もかけたくない人
  • 空港ラウンジを利用する予定がない人
  • 自分自身に収入がない人

\ 詳細や開設は公式サイトで /


ゴールドがおすすめな人
  • 年間100万円以上使う見込みのある人
  • 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人
  • ポイント還元率の高いカードを持ちたい人
  • 空港ラウンジを利用する予定のある人

\ 詳細や開設は公式サイトで /

スクロールできます

一般

ゴールド
年会費(税込)本会員無料5,500円
(年間100万円以上の
利用で翌年以降無料)
家族カード無料
ETCカード550円
ポイント還元率クレジットモード0.5%
デビットモード0.5%
ポイント払いモード0.25%
SBI証券でのポイント付与率2024年9月10日積立設定締切分まで0.5%1.0%
2024年10月10日積立設定締切分以降最大0.5%最大1.0%
継続特典なし年間100万円の利用で
毎年10,000ポイント
付帯保険海外旅行
傷害保険
最高2,000万円最高2,000万円
国内旅行
傷害保険
なし最高2,000万円
ショッピング補償なし年間300万円まで
空港ラウンジなしあり
国際ブランドVisa
入会資格日本国内在住
(クレジットモードは満18歳以上(高校生は除く)の方)
日本国内在住の満18歳以上
(クレジットモードは満20歳以上で本人に安定継続収入のある方)
デザインバリエーションプリズムグレー、パステルグリーン、グリーンゴールド、ゴールドグレー

コメント

コメントする

タップできる目次