リクルートポイントのお得な使い方、効率的な貯め方を解説

リクルートポイントが貯まってきたけど、どこで使えばいいの? 
もっと効率良く貯める方法ってあるのかな?

リクルートポイントは、主にリクルートカードの利用で貯まるポイントです。

リクルートカードの発行を考えている方は、使い道や、貯まりやさについて、気になっているのではないでしょうか。

リクルートポイントは、dポイントやPontaポイントに交換できるため、使い道のバリエーションが豊富といえます。

またポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメ、HOT PEPPER Beautyの利用で特に効率的にポイントが貯まります。

かづき

リクルートポイントのお得な使い方や、効率的な貯め方について詳しく解説します

この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 合計25万ポイント以上獲得
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

リクルートポイントの使い道

リクルートポイントの使い道には、大きく分けて

✅ 他ポイントへの交換
✅ 参画サービスでの利用

の2つがあります。

参画サービスでの利用は、後述のとおり対象サービスが限られています。

参画サービスの中に利用したいものが無い場合は、他ポイントへの交換がおすすめです。

dポイントまたはPontaポイントに交換して、全国の加盟店で幅広く利用できます。

かづき

迷ったらdポイントまたはPontaポイントへの交換がおすすめです!

使い道使えるお店特徴
オススメ
他ポイントへの交換
dポイントに交換dポイント加盟店全国の加盟店で幅広く利用できる
Pontaポイントに交換Pontaポイント加盟店全国の加盟店で幅広く利用できる
参画サービスでの利用じゃらんnetなど、特定のお店使えるお店が限定される

dポイントに交換

リクルートポイントはdポイントに交換できます。

dポイントには、1ポイント→1ポイントのレートで交換可能です。

また1ポイント以上、1ポイント単位での交換が可能です。

かづき

dポイント加盟店で使えるようになるので、多くのお店で現金同様に利用できます。

リクルートポイントからdポイントへの交換手順

STEP
リクルートポイントのサイトにアクセス(サイトはこちら
STEP
下にスクロールして「ポイントを交換する」をタップ
STEP
リクルートID(メールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン」
STEP
dポイントと未連携の場合は、連携を求められるので「dポイントを連携する」をタップ(連携済みの場合はSTEP10へ)
STEP
下にスクロールして「上記に同意して次に進む」
STEP
dアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」
STEP
dアカウントのパスワードと、セキュリティコードを入力して「ログイン」

セキュリティコードは登録した電話番号宛に、SMSのメッセージで届きます

STEP
「同意する」をタップ
STEP
以上で連携が完了するので、「次に進む」をタップ
STEP
交換したいリクルートポイントのポイント数を入力して「入力内容を確認する」
STEP
「上記のポイントを交換する」をタップ
STEP
以上でdポイントへの交換が完了です

dポイントのおすすめの使い道

おすすめの使い道は以下の通りです。順番に説明していきます。

dポイントのおすすめの使い道
  • dカードプリペイドへのチャージ
  • ローソンのお試し引換券の発行
  • 全国のdポイント加盟店で支払いに利用

まずおすすめなのは、dカードプリペイドへのチャージです。

dカードプリペイドは、全国のMastercardやiDの加盟店で利用できるプリペイドカードです。

dポイントをチャージした分の決済についてもポイント還元の対象になるので、お得な使い道といえます。

dカードプリペイドの入会申し込みはこちらから

また、ローソンのお試し引換券の発行にも利用できます。

お試し引換券はローソンの商品をお得な価格で購入できるサービスです。

商品によって必要なdポイントは異なりますが、おおむね半額程度で購入できます。

かづき

たくさんの商品との交換が可能です。対象の商品はこちらからご確認ください。

その他、全国のdポイント加盟店で使えます。決済時にdポイントカードまたはdカードを提示することで利用できます。

Pontaポイントに交換

リクルートポイントはPontaポイントに交換できます。

Pontaポイントには、1ポイント→1ポイントのレートで交換可能です。

また1ポイント以上、1ポイント単位での交換が可能です。

かづき

Pontaポイント加盟店で使えるようになるので、多くのお店で現金同様に利用できます。

リクルートポイントからPontaポイントへの交換手順

STEP
リクルートポイントのサイトにアクセス(サイトはこちら
STEP
下にスクロールして「ポイントを交換する」をタップ
STEP
リクルートID(メールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン」
STEP
交換したいリクルートポイントのポイント数を入力して「入力内容を確認する」
STEP
「上記のポイントを交換する」をタップ
STEP
以上でPontaポイントへの交換が完了です

Pontaポイントのおすすめの使い道

おすすめの使い道は以下の通りです。順番に説明していきます。

Pontaポイントのおすすめの使い道
  • ローソンのお試し引換券の発行
  • au Pay 残高へのチャージ
  • JALマイルへ交換
  • 全国のPontaポイント提携店で支払いに利用

まずおすすめなのは、ローソンのお試し引換券の発行です。

お試し引換券はローソンの商品をお得な価格で購入できるサービスです。

商品によって必要なPontaポイントは異なりますが、おおむね半額程度で購入できます。

かづき

たくさんの商品との交換が可能です。対象の商品はこちらからご確認ください。

au PAYを利用している方には、au PAY 残高へのチャージがおすすめです。

Pontaポイント1P→1円として、100円単位でチャージできます。

全国のau PAY 加盟店で使えるので、現金同様の使いやすさがあります。

マイルを貯めている人にはJALマイルへの交換もおすすめです。

Pontaポイント1P→0.5マイルのレートで交換が可能です。

Pontaポイント2ポイント以上を、2ポイント単位で交換できます。

その他、全国の提携店で使うこともできます。

参画サービスで利用

以下のサービスでリクルートポイントを利用できます。

じゃらんnet
じゃらんゴルフ
ホットペッパーグルメ
HOT PEPPER Beauty
HOT PEPPER Beauty 美容クリニック
ポンパレモール
Airカード
リクルートかんたん支払い
スタディサプリ ENGLISH
ゼクシィ内祝い
Oisix

https://point.recruit.co.jp/recruitid/doc/partners/

普段利用するサービスが含まれていない方は、上で書いたdポイントやPontaポイントへの交換がおすすめです。

リクルートポイントと比較して使い道のバリエーションが豊富なので、自分に合った利用方法を見つけやすいためです。

かづき

dポイントやPontaポイントに交換すれば、全国の加盟店で現金同様に使えます

リクルートポイントの貯め方

リクルートカードで貯める

代表的な貯め方はリクルートカードで買い物することです。

1.2%分のリクルートポイントを獲得できます。クレジットカードのポイント還元率は0.5%〜1.0%が基本なので、1.2%というのは高い還元率と言えます。

▼リクルートカードについては以下で詳しく解説しています。

参画サービスで貯める

以下のサービスの利用で、リクルートポイントを貯めることができます。

じゃらんnet
じゃらんゴルフ
ホットペッパーグルメ
HOT PEPPER Beauty
HOT PEPPER Beauty 美容クリニック
ポンパレモール
Airカード
リクルートかんたん支払い
スタディサプリ ENGLISH
ゼクシィ内祝い
Oisix
スルガ銀行リクルート支店

https://point.recruit.co.jp/recruitid/doc/partners/

特にポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメ、HOT PEPPER Beautyは獲得ポイントが多く、効率的にポイントを貯めることができます。

サービス獲得ポイント
ポンパレモール決済額の3%〜(リクルートカードでの決済でさらに決済額の1.2%が加算)
じゃらん決済額の2%(リクルートカードでの決済でさらに決済額の1.2%が加算)
ホットペッパーグルメ予約人数 x 50ポイント(リクルートカードでの決済でさらに決済額の1.2%が加算)
HOT PEPPER Beauty決済額の2%(リクルートカードでの決済でさらに決済額の1.2%が加算)

他ポイントからの交換で貯める

他のポイントをリクルートポイントに交換することができます。対象のポイントと交換レートは下表の通りです。

他ポイントリクルートポイントへの交換レート
Gポイント1ポイント → 1ポイント
ネットマイル1ポイント → 0.5ポイント
PeX1ポイント → 0.1ポイント
ベネポ1ポイント → 1ポイント
ドットマネー1ポイント → 1ポイント
ポイントタウンポイント1ポイント → 1ポイント

リクルートポイントは先述の通り、dポイントやPontaポイントに交換できます。

dポイントとPontaポイントは使い道のバリエーションが豊富です。

他ポイントを貯めている方は、リクルートポイント経由でdポイントやPontaポイントに交換すれば、使い道の幅を広げることができます。

ポイントの有効期限

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの有効期限は「最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで」です。

つまりポイントを獲得すると、全てのポイントの有効期限が12ヶ月延長されます。

かづき

12ヶ月後と聞くと短く感じられるかもしれませんが、日常的にリクルートポイントを貯めている方であれば、ポイントを失効する心配は少ないと思います。

またリクルートポイントには、キャンペーンなどで貯まる「期間限定ポイント」というものがあります。

こちらはキャンペーンの条件によって有効期限が異なるので、キャンペーンの条件を確認する必要があります。

まとめ

今回はリクルートポイントのお得な使い方や、効率的な貯め方について解説しました。

リクルートポイントを貯めたい方におすすめのカードはリクルートカードです。

年会費無料にも関わらず、どんなお店で使っても1.2%という高いポイント還元が魅力です。

一方でコンビニやAmazonなど、特定のお店に特化したカードには、さらに高い還元を受けられるカードもあります。

かづき

リクルートカードをメインで使い、特定のお店では別のカードを使う、という使い分けもおすすめです。

▼こちらの記事で詳しく解説してます。

コメント

コメントする

タップできる目次