【写真で解説】年会費無料でデザインがおしゃれなクレジットカードは?

年会費が有料のカードにはおしゃれなカードがたくさんあるけど、無料のカードにはあまり無いな…。

クレジットカードを選ぶときに、どうせならデザインにもこだわりたい、という人は多いのではないでしょうか。

素敵な財布を持っていても、中に入るクレジットカードがかっこ悪かったら台無しです。

でも年会費が無料で、おしゃれなデザインのカードって意外と少ないですよね。

この記事では、僕が実際に使ったものを中心に、デザインがシンプルでおしゃれだな、と思ったカードを紹介します。

きっとお気に入りのカードが見つかると思います。

かづき

写真をたくさん使って、わかりやすく紹介します!

この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 合計25万ポイント以上獲得
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

JCBカードW|トレンドの先駆けとなったシンプルデザイン

出典:JCB公式サイト
JCBカードWのデザイン

JCBカードWはスターバックス、Amazon、セブン-イレブンなどでお得な、18~39歳限定のカードです。

券面は余計な要素を省いたシンプルなデザインです。青みがかったシルバーがグラデーションになっています。

JCBカードWのデザイン

最近のクレジットカードはシンプルなデザインがトレンドです。

カード番号が表面に印字されておらず、余計な装飾を省いたすっきりしたデザインが主流になってきています。

JCBカードWもこのトレンドに沿ったデザインです。

かづき

JCBカードWはこのトレンドが始まる前から、シンプルなデザインを採用していました。
トレンドの先駆けとなったカードですね。

JCBカードWのデザイン

写真ではカード番号などの情報が印字されていますが、2021年のリニューアルでカード裏面に印字されるようになりました。

その結果さらにスッキリとした印象のデザインに変わっています。

年会費無料でポイント還元率も高く、機能面でもおすすめのクレジットカードです。

かづき

やや青みがかったグレーのグラーデーションが、左上から光が当たるようにかけられています。
シックでおしゃれなデザインです。

JCBカードWのデザイン
かづき

実物の色合いは、公式サイトの写真で見るよりもやや薄く感じます。

▼JCBカードWの詳細は以下の記事をご覧ください。

エポスカード|著名デザインオフィスによる洗練されたデザイン

エポスカードも2021年4月にリニューアルを行い、トレンドに沿ったシンプルなデザインに変更されました。

カード番号などの情報が裏面に移動したことでスッキリとした印象になりました。

また縦型を採用したことでスタイリッシュなデザインとなっています。

このデザインリニューアルを担当したのは、佐藤オオキさん率いる著名なデザインオフィス「nendo」です。

東京とミラノにオフィスを持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広いデザインを手がけていらっしゃいます。

かづき

公式サイトの作品からもわかるように、洗練されたおしゃれなデザインが特徴で、エポスカードでもその持ち味が発揮されていると感じました。

nendoのサイトではエポスカードのデザインについて、以下のように解説されています。

カード自体は極力シンプルにし、カード番号や有効期限、ローマ字氏名などの要素を裏面に配することで、「色のない、コラボレーションしやすい」デザインに。これによって、カード利用時の盗み見がしにくいことによる個人情報の保護レベルが向上したほか、全てフラットな印字のみによるエンボスレス仕様によって財布やカード入れの中でもゴツゴツとかさ張らないスリムな券面となった。さらに、カード読取機に差し込む向きを間違えにくい縦型デザインを採用し、タッチ決済機能も追加された。

https://www.nendo.jp/jp/works/epos/
かづき

エポスカードは不正利用や使い過ぎ対策が充実していて、機能面でも優秀です。

エポスカードの魅力はデザインだけでなく、エポスゴールドカードへの招待が届くところにあります。

エポスゴールドカードはポイント還元率が非常に優秀なおすすめカードです。

エポスゴールカードの詳細

▼エポスカードの詳細は以下の記事をご覧ください。

\ 公式サイトでさらに詳しく /

三井住友カードゴールド(NL)|シックなデザインのゴールドカード

出典:三井住友カード公式サイト
三井住友カードゴールド(NL)のデザイン

三井住友カードゴールド(NL)はコンビニや飲食店でお得な人気のカードです。

デザインはゴールドとグリーンの2つから選べますが、今回はグリーンのデザインをおすすめさせていただきます。

三井住友カードゴールド(NL)のデザイン
かづき

落ち着いた深いグリーンのグラデーションが特徴です。

グリーンが全面的に使われていますが、実際に見ると落ち着いたグリーンでシックな印象を強く感じます。

Visaのマークなどに、部分的にあしらわれたゴールドがアクセントになっています。

ゴールドカードらしい高級感も感じられますが、全体的にはシックなデザインです。

かづき

ゴールドカードには派手なものが多いので、めずらしいデザインです。
人前で派手なゴールドカードを出すのは気が引ける、という人にとってはピッタリのカードではないでしょうか。

三井住友カードゴールド(NL)のデザイン
かづき

Visaのマークなど、部分的にゴールドが使われていてアクセントになっています。

三井住友カードゴールド(NL)のデザイン
かづき

側面が黒いのもポイントです。
側面は白いカードが多いですが、黒が採用されていることで全体的な一体感が生まれ、高級感を感じさせます。

年会費が5,500円(税込)かかりますが、年間100万円以上利用することで、翌年以降の年会費を永年無料にすることができます。

初年度は有料ですが、年間100万円以上利用するのであれば、検討の余地があるおしゃれなカードだと思います。

一度でも年間100万円以上利用すると、翌年以降の年会費は無料になりますが、初年度は必ず5,500円(税込)かかるのでご注意ください。

▼三井住友カードゴールド(NL)の詳細は以下の記事をご覧ください。

番外編

ここからは番外編として、「年会費無料のクレジットカード」という条件からは少し外れますが、デザインがおしゃれなカードをご紹介していきます。

Revolut

Revolutのデザイン

Revolutはプリペイド式のカードなので、クレジットカードではありません。

しかしデザインがおしゃれで年会費も無料なので、番外編として取り上げさせてもらいました。

これまで取り上げたカードと同様、Revolutもトレンドに合ったシンプルなデザインを採用しています。

カード番号などの情報は裏面に記載されているため、表面はスッキリとした印象になっています。

Revolutのデザイン

海外製のカードということもあり、個性的なカラーリングが特徴です。

やや暗めの赤と青のグラデーションがかけられたデザインで、派手さはなくスタイリッシュな印象です。

カードの側面がピンクなのもポイントです。

一般的に側面は白いカードが多いですが、ピンクを採用したことでデザインに個性を与えています。

Revolutのデザイン

プリペイド式のカードなので、利用前にクレジットカードからチャージする必要があります。

ただし、チャージすればクレジットカードと同様に利用できるので、個性的でスタイリッシュなカードをお探しの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Revolutのデザイン

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナマスターカードのデザイン

TRUST CLUB プラチナマスターカードは年会費が3,300円(税込)必要ですが、デザインが素敵なので番外編として取り上げさせてもらいました。

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、プラチナカードにもかかわらず3,300円という安めの年会費なのが特徴です。

プラチナカードならではの様々な特典を利用できます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードのデザイン

券面はシルバーの背景に地球儀が描かれたデザインです。クレジットカードの王道的なデザインだと思います。

輝きを感じる明るいシルバーで、全体的にスッキリとした爽やかな印象です。

Mastercardのロゴがアクセントになって、目を引くデザインになっていると思います。

デザインがおしゃれな割には年会費が安く、こちらもおすすめのクレジットカードです。

TRUST CLUB プラチナマスターカードのデザイン

まとめ

紹介したJCBカードWエポスカード三井住友カードゴールド(NL)については以下の記事で詳しく解説しています。

JCBカードWの詳細

エポスカードの詳細

三井住友カードゴールド(NL)の詳細

かづき

▼以下の記事では、Amazonやスターバックスでお得なカードについて解説しています。

Amazonで2.5%、スターバックスで5.5%という高い還元率を実現できます。しかも年会費無料です。

ぜひこちらもクレジットカード選びの参考にしてみてください。

コメント

コメントする

タップできる目次