VisaタッチとiDはどっちが得か

調査結果をもとに、どちらが得か検証

Visaのタッチ決済とiDって、どっちを使えばいいの?
どっちが得?

Visaのタッチ決済かiD、どうせならお得な方を使いたいですよね?

最近のクレジットカードには、Visaのタッチ決済iD、両方が付いているものも多いです。

どちらも非接触型決済で似ているため、どちらを使うか迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで、どちらがお得なのか調査し、その結果をまとめました。

かづき

この記事を読めば、どちらを使えばいいか迷うことがなくなりますよ。

この記事を読むと…
  • Visaのタッチ決済とiDのどちらがお得かわかる
この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

2つの非接触型決済(Visaタッチ / iD)が1枚のカードに付いている

最近のクレジットカードには、複数の決済方法が付いていますよね。

例えばdカードの場合、

  • Visa
  • Visaのタッチ決済
  • iD

の3つの決済方法が搭載されています。

dカードにはVisa、Visaのタッチ決済、iDの3つの決済方法が付いている

それぞれの使い方は次のとおりです。

決済方法使い方
Visa●店頭でカードをカードリーダーに挿す
●ネットショップでカード番号を入力する
Visaのタッチ決済●店頭でカードをタッチする
●Apple Pay / Google Payに登録し、店頭でスマホをタッチする
iD

このうち「Visaのタッチ決済」と「iD」は、どちらも端末にタッチして決済する「非接触型決済」と呼ばれる決済方法です。使い方も似ていますよね。

端末にスマートフォンをタッチ
Visaのタッチ決済とiDは、どちらもカードやスマホをタッチして支払う

では、Visaのタッチ決済とiD両方が一枚のカードに付いている場合、どちらを使うとお得なのでしょうか? 次項で検証してみます。

VisaタッチとiD、どっちが得か検証

【結論】基本的にお得さは同じだが例外もあり

結論から書くと、基本的にVisaのタッチ決済とiDでお得さに違いはありません。

ただし調べてみたところ、一部のカードでは特約店の利用時に違いが生じることがわかりました。

具体的にこれらのカードについて解説していきます。

三井住友カードはVisaタッチが得

出典:三井住友カード公式サイト

三井住友カードは、対象のコンビニ・飲食店で最大7%という、驚異的なポイント還元率で人気です。

この7%還元を受けたい場合「Visaのタッチ決済」を選ぶ必要があります。

Visaのタッチ決済だと7%還元になるのに対し、iDの場合は0.5%にとどまるためです。

特約店で、Visaのタッチ決済で決済すると、最大7%還元になるが、iDの場合は0.5%にとどまる
出典:三井住友カード公式サイト

上記は三井住友カードのサイトに掲載されている、支払い方法ごとの還元率についての表です。

三井住友カードの基本還元率は0.5%です。

iDは「通常ポイントのみの付与」なので基本還元率の0.5%になるのに対し、Visaのタッチ決済なら+6.5%で7%になることがわかりますね。

スマートフォンと物理カードで還元率が変化
同じVisaのタッチ決済でも、物理カードを使うと還元率が5%(0.5%+4.5%)に下がるので注意が必要です。
Apple Pay / Google Pay に登録し、スマートフォンでタッチするようにしましょう。

\コンビニ・飲食店でお得/

出典:三井住友カード公式サイト

入会キャンペーン実施中

最大7,000円分プレゼント!(2024/6/30まで)

  • 新規入会&条件達成で最大7,000円分のVポイントPayギフトがもらえる
  • 初年度の年会費を回収でき、気軽にカードを試せます

【公式】キャンペーン特設ページ

dカードは店によってどっちが得か変わる

出典:dカード公式サイト

dカードには「dカード特約店」と呼ばれる特典が付帯しています。

dカード特約店とは、通常よりもポイントが多く貯まるお店のことです。

このdカード特約店は、「Visaのタッチ決済」と「iD」共にポイントアップされる店舗と、片方しかされない店舗があります。下表はその抜粋です。

Visaのタッチ決済には、Apple Payを使う方法は含まれません。カードを端末にタッチする必要があります。
また、Visaのタッチ決済が対象のお店では、カードを端末に挿す方法でもポイントアップの対象になります。

お店ポイントアップ対象の決済方法
Visaのタッチ決済iD
マツモトキヨシ
ココカラファイン
ノジマ×
高島屋×
ENEOS
JAL×
丸善ジュンク堂
紀伊国屋書店×
タワーレコード×
タワーレコード オンライン×
洋服の青山×
THE SUIT COMPANY×
スターバックスカード×
ドトール バリューカード×
ビッグエコー×
サカイ引越センター×
dカード特約店の抜粋(出典:dカード公式サイト
かづき

dカードの場合は、店によってどっちが得になるか変わるわけですね。

ANAカードは基本的にVisaタッチが得

出典:ANAカード公式サイト

ANAカード(ワイドカードやゴールド、プレミアムも含む)には「ANAカードマイルプラス」という特典が付いています。

ANAカードマイルプラスの加盟店で決済すると、追加のマイルを獲得できます。

この特典の対象になるのは「Visaのタッチ決済」です。

* Visaのタッチ決済であれば、物理カードを端末にタッチする方法でも、Apple Payに登録してスマートフォンをタッチする方法でも、どちらでも対象になります。

一方でiDは基本的に対象となりません。

ただし、以下のお店では例外的に、Visaのタッチ決済に加えてiDも対象となります。

iDの支払いも対象になる加盟店

  • ENEOS
  • セブン-イレブン
  • 紳士服コナカ
  • 紳士服のフタタ
  • SUIT SELECT
  • DIFFERENCE
  • FUTATA THE FLAG
  • 西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)
  • apollostation・出光

出典:ANA公式サイト

かづき

ANAカードの場合は、Visaのタッチ決済を使っておけば確実ですね。

まとめ

今回はVisaのタッチ決済とiDのどちらが得か、調査の結果をまとめました。

その結果、基本的にお得さは変わらないが、一部カードでは特約店利用時に違いが出ることがわかりました。

全てのカードを調べたわけではないので、他にもこのようなカードがあるかもしれません。

かづき

お持ちのカードについて、一度調べてみると良いかもしれません。

また、カードごとに開催されるキャンペーンについても、対象となる決済方法が決まっている可能性があります。

どちらが対象なのか、確認した上で参加すると良いでしょう。

本サイトでは、お得なカードの使い方について、他にもたくさんの記事を掲載しています。興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

>> お得関連の記事一覧

かづき

記事で紹介した、三井住友カードについては、以下の記事で詳しく解説しています。
こちらもぜひご覧ください。

※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※ 商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※ 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ 通常のポイントを含みます。
※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

コメント

コメントする

タップできる目次