【Vポイントの使い道】Suicaチャージやお得なマイル交換など

自分にぴったりな方法で、貯まったVポイントを使える

Vポイントが貯まってきたけど、どんな使い道があるんだろう…?

「Vポイント」が貯まってきていませんか?

三井住友カードはコンビニや飲食店で高い還元を受けられるので、使っているとたくさんのVポイントが貯まりますよね。

そんなVポイントにはさまざまな使い道が用意されていて、自分に合ったものを選べます。

現金同様に使ったり、お得にマイル交換することも可能です。

この記事では、貯まったVポイントをどう使えば良いかわからない人に向けて、主な使い道を解説していきます。

かづき

自分に合った使い道を見つけてくださいね。

この記事を読むと…
  • Vポイントの使い道にどんなものがあるかわかる
  • 自分に合ったVポイントの使い道がわかる
この記事を書いた人
  • カードの研究が趣味の会社員
  • 累計カード発行枚数は約30枚
  • 合計25万ポイント以上獲得
  • 月50,000人が訪れる当サイトの管理人

≫ もっと詳しく

👇記事に関する質問はこちらまで

タップできる目次

はじめに

Vポイントの主な使い道は以下の通りです。

かづき

順番に詳しく解説していきます。

「Vポイント」アプリにチャージして使う

「Vポイント」アプリにチャージすると、以下のことができるようになります。

「Vポイント」アプリへのチャージで可能になること
  • Apple Pay を使って実店舗で買い物
  • ネットショッピングで支払いに使う

また、SuicaチャージPayPayチャージにも、「Vポイント」アプリへのチャージが必要です。

まず「Vポイント」アプリへチャージし、「Vポイント」アプリからSuicaやPayPayへチャージする必要があるためです。

[準備]「Vポイント」アプリの登録、Vポイントのチャージ

初めに準備として「Vポイント」アプリの登録と、Vポイントのチャージを済ませましょう。

STEP
「Vポイント」アプリの登録がまだの人は、登録をしましょう

「Vポイント」アプリを起動して、電話番号、氏名、生年月日などを入力します

詳しい手順はこちら

STEP
貯まっているVポイントを「Vポイント」アプリにチャージします
STEP
Apple Pay に登録しましょう

登録するとApple Pay を使って店頭で買い物できるようになります。

登録しなくても、ネットショッピングでの支払い、Suicaチャージ、PayPayチャージは可能です。

詳しい手順はこちら

コンビニやスーパーなど実店舗での買い物に使う

「Vポイント」アプリにチャージすると、実店舗でApple Pay を使った支払いができるようになります。

支払いができるのは、VisaまたはiDが使えるお店です。

最近はコンビニやスーパーをはじめ、多くの店でキャッシュレス対応が進んでいます。

かづき

普段よく使うお店で、貯まったVポイントを消費できますね。

Visaで支払う場合は、「Visaで」または「クレジットカードで」とレジで店員さんに言いましょう。

iDで支払う場合は、「iDで」と伝えればOKです。

あとはスマートフォンをレジの端末にタッチすれば、支払い完了です。

ネットショッピングに使う

「Vポイント」アプリにチャージすると、ネットショップでの支払いに使えるようになります。

「Vポイント」アプリ右上の三本線をタップします。

次の画面で「カード情報」をタップすると、カード番号や有効期限などの情報が表示されます。

あとは普段通りネットショップで、これらの情報を入力して買い物ができます。

「Vポイント」アプリでのカード番号や有効期限の確認方法

Suicaにチャージして使う

VポイントをSuicaにチャージすることができます。

Vポイントを一度「Vポイント」アプリにチャージする必要があります。

まだの人は「[準備]「Vポイント」アプリの登録、Vポイントのチャージ」を参考にチャージをしましょう。

「Vポイント」アプリへのチャージが終わったら、「モバイルSuica」アプリを使ってSuicaへチャージします。

Suicaチャージの流れ
  1. Vポイントを「Vポイント」アプリにチャージ
  2. 「モバイルSuica」アプリを使ってSuicaへチャージ

モバイルSuicaアプリへのチャージ方法

まず「Vポイント」アプリを起動して、カード番号と有効期限を確認しましょう。

アプリ右上の三本線「カード情報」と進んでください。

カード番号と有効期限が表示されるので、コピーするなどして控えましょう。

VポイントをモバイルSuicaにチャージする方法1

つづいてモバイルSuicaアプリを起動します。

右下の「チケット購入 Suica管理」から「登録クレジットカード情報変更」へ進みます。

登録中のクレジットカードが表示されるので「変更する」をタップします。

VポイントをモバイルSuicaにチャージする方法2

先ほど「Vポイント」アプリで確認した、カード番号と有効期限を入力して「次へ」

本人認証が必要なので、EメールかSMSを選択します。

選択した方に認証コードが届くので、コピーしたものを入力してください。

VポイントをモバイルSuicaにチャージする方法3

認証が終わるとクレジットカードとして登録されます。入力したカード番号と有効期限になっているか確認しましょう。

ホーム画面に戻って「入金(チャージ)」をタップしましょう。

チャージしたい金額を選択し、左下のVisaのアイコンをタップします。

VポイントをモバイルSuicaにチャージする方法4

確認のポップアップが表示されるので「入金(チャージ)」を選択。

入金されチャージ残高に反映されます。

VポイントをモバイルSuicaにチャージする方法5

▼Suicaチャージで高還元のカードを探している方には、エポスゴールドカードがおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。

PayPayの支払いに使う

VポイントをPayPayでの支払いに使うことができます。

Vポイントを一度「Vポイント」アプリにチャージする必要があります。

まだの人は「[準備]「Vポイント」アプリの登録、Vポイントのチャージ」を参考にチャージをしましょう。

「Vポイント」アプリへのチャージが終わったら、「PayPay」アプリを使って支払いに使用します。

PayPayチャージの流れ
  1. Vポイントを「Vポイント」アプリにチャージ
  2. 「PayPay」アプリを使って支払いに使う

PayPayアプリへの登録・支払い手順

まず「Vポイント」アプリを起動して、カード番号などを確認しましょう。

アプリ右上の三本線「カード情報」と進んでください。

カード番号と有効期限、セキュリティコードが表示されるので、コピーするなどして控えましょう。

VポイントをPayPayで使用する方法1

つづいてPayPayアプリの右下「アカウント」から「支払い方法の管理」へ進み、「クレジットカードを追加」をタップ。

VポイントをPayPayで使用する方法2

先ほど「Vポイント」アプリで確認した、カード番号と有効期限、セキュリティコードを入力して「追加する」をタップ。

本人確認をするか聞かれます。上限金額を引き上げたい場合は本人確認しましょう。

本人確認をしないと、上限金額は5,000円/30日間に制限されます。

本人認証をする場合はEメールかSMSを選択。選択した方に認証コードが届きます。

VポイントをPayPayで使用する方法3

届いた認証コードをコピーしてきて入力します。

「認証する」ボタンをタップすると、認証完了です。

支払い画面を表示し、支払い方法の変更します。

VポイントをPayPayで使用する方法4

支払い方法の選択画面が開くので、先ほど登録した「Vポイント」アプリを選択します。

これでVポイントで支払えるようになりました。

VポイントをPayPayで使用する方法5

マイルに交換して使う

Vポイントはマイルに交換することもできます。

交換できるマイルは以下の通りです。

交換可能なマイル
  • ANAマイル
  • フライングブルーマイレージ
  • ブリティッシュ・エアウェイズエグゼクティブクラブAvios
  • AIRDOポイント
  • ソラシドエア スマイルクラブ

ANAマイルへの交換

ANAマイルへの交換レートは、三井住友発行のANAカードを所有しているか、そうでないかで変化します。

所有している方が高いレートで交換できます。

かづき

三井住友発行のANAカードを所有しているなら、ANAマイルへの交換は有力な候補です。

三井住友が発行するANAカードANAカードの種類対象カード交換レート
所有しているANAプラチナカードANA VISAプラチナ プレミアムカード、
ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
1P→3マイル
ANAゴールドカードワイドゴールド、
スーパーフライヤーズゴールド
1P→2マイル
ANA一般カード(2倍コース)一般・ワイド・学生・スーパーフライヤーズ・ANA VISA Suicaカード・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANA VISA nimocaカード1P→2マイル
ANA一般カード(通常コース)一般・ワイド・学生・スーパーフライヤーズ・ANA VISA Suicaカード・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANA VISA nimocaカード1P→1マイル
ANA銀聯カードANA銀聯カード1P→1マイル
所有していない1P→0.5マイル

その他のマイルへの交換

ANA以外のマイルプログラムにも交換可能です。

マイルプログラムと交換レートは下表の通りです。

マイルプログラム交換レート
フライングブルーマイレージ1P→0.5マイル
ブリティッシュ・エアウェイズエグゼ
クティブクラブAvios
1P→0.5Avios
AIRDOポイント1P→0.05P
ソラシドエア スマイルクラブ1P→2マイル
かづき

ソラシドエアのマイルへの交換が、レートが高くてお得ですね。

Vポイントをソラシドエアのマイルに交換するには、「ソラシドエアカード」が必要です。

ソラシドエアカードの年会費は1,375円(税込)ですが、初年度は無料で持つことができます。

1P→2マイルなので、コンビニ・飲食店で7%還元を受ければ、マイル還元率は驚異の14%に達します。

家族一人につき+1%還元率が上がる「家族ポイント」制度を利用すれば、最大で12%まで還元率を上げられるため、最大マイル還元率はなんと24%にまで上ります。

他社ポイントに交換して使う

Vポイントは他社のポイントに交換することもできます。

基本的にレートは低いですが、Tポイントのみ等価交換が可能です。

主な他社ポイントと、交換レートは下表の通りです。

他社ポイント交換レート
nanacoポイント1P→0.8P
楽天Edy1P→0.8円
楽天ポイント1P→0.8P
Tポイント1P→1.0P
ヨドバシゴールドポイント1P→0.8P
auポイントプログラム1P→0.8P
ベルメゾンポイント1P→0.8P
dポイント1P→0.8P
ジョーシンポイント1P→0.8P
スターバックスカード1P→0.8円
タリーズカード1P→0.8円
ビックポイント1P→0.8P
Pontaポイント1P→0.8P
WAONポイント1P→0.8P
かづき

他社ポイントへの交換は、Tポイントがおすすめです。

ポイントの有効期限

Vポイントの有効期限は、ポイントを獲得したカードによって異なります。

カードの種類カードの例ポイント有効期限
一般三井住友カード(NL)ポイント獲得月から2年間
ゴールド三井住友カードゴールド(NL)ポイント獲得月から3年間
プラチナプリファード三井住友カードプラチナプリファードポイント獲得月から4年間

貯めたポイントの有効期限は「Vpass」アプリで簡単に確認できます。

まとめ

今回はVポイントの使い道について解説しました。

Vポイントは「Vポイント」アプリやSuica、PayPayにチャージすることで、店頭やネットショップで幅広く利用できます。

かづき

汎用性の高さを重視する人には、以下の3つがオススメです。

・「Vポイント」アプリへのチャージ
・Suicaへのチャージ
・PayPayへのチャージ

またマイルへの交換も可能です。交換レートは航空会社によって異なるので、レートの高いものを選ぶとお得です。

他社ポイントへの交換はレートが低いので、基本的にはおすすめしません。

ご自身のライフスタイルに合わせて最適な使い道を選んでいただけたらと思います。

コメント

コメントする

タップできる目次